損保ジャパン日本興亜の「THE すまいのハザードマップ」

2018年4月1日から全代理店にリリースされた「THE すまいのハザードマップ」は公的機関等が開示している地震や洪水等に関するハザードマップ情報をデジタル技術で一元化し、損保ジャパン日本興亜の保険金支払データ等を加えた同社オリジナルの総合的ハザードマップサービスです。

【特徴・画面イメージ】
・このシステムにお客さまの住所を入力すれば、ピンポイントでその場所のリスクを判定・表示することができ、お客さまの所在地ごとのハザードマップの表示に加え、リスクごとの事故例の写真や、支払保険金の事例などを掲載しており、自然災害のリスクを具体的にイメージいただくことができます。

・また、お客さまのお住まいの地域ごとの「補償内容のおすすめプラン」や「緊急時の避難施設の情報」の表示、「簡易試算機能との連動」などの機能も搭載しています。地震などの災害が起きた場合には、避難場所等も重要になるが、同ハザードマップでは、緊急時の最寄の避難施設の情報や、顧客のリスク度合いに応じた補償内容などの表示も可能である。

このシステムはお客さまご自身で利用することはできません。
最近になってますます高まってきてる地震や水害リスクに備えるためにも、代理店を通じてご提供されるこの「THE すまいのハザードマップ」をご参考に補償内容を確かめられることをお勧めいたします。

マンション・火災保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・どの保険がいいのか確認したい
・見直したい
・保険料はどのくらいなのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。