海外の知人を日本に招く際の海外旅行保険

逆海外旅行保険

  • HOME
  • 逆海外旅行保険

逆海外旅行保険とは?

日本国外から来日された方が旅行中(日本国内に限る)に被ったケガによる死亡・後遺障害・治療費用や、病気による死亡・治療費用のほか、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを補償する保険です。日本の企業や日本にいる親族・知人等(日本語が理解可能な方)が契約者となり、日本に来られる外国の方が被保険者(補償の対象となる方)となります。日本での契約手続きが必要となります。

取扱保険会社

東京海上日動火災保険株式会社を取扱っています。

お見積りからご契約までの手順

①お見積りフォームへのご入力

お見積りフォームへのご入力をお願い致します。保険開始日については、下表サンプルをご参照ください。

  • 被保険者のご入国と同時に保険を開始する場合
  • 被保険者がご入国済の場合
保険開始日を”7/1(月)”にしたい場合、お見積りフォームを7営業日前”6/20(木)”迄にご入力ください。

※プリンターで申込書を印刷可能な方は、3営業日前迄のご入力でお申込み可能です。

お見積りフォームへの入力完了日が”6/20(木)”の場合、保険開始日は7営業日後”7/1(月)以降”になります。

※プリンターで申込書を印刷可能な方は、3営業日以降で設定が可能になります。

お見積りフォームへのご入力後、翌営業日以内にお見積をご提示します。
営業時間:月曜日~金曜日 9:15~17:00(土日祝を除く)
※当社からの回答は、原則として上記受付時間内とさせていただきます。
また休日のお受けにつきましては、まことに勝手ながら翌営業日以内に対応させていただきます。
(休日とは土曜・日曜・祝日および12月31日~1月3日をいいます。)

②お見積りのご提示

当社よりお客様にメールまたはお電話にてお見積りをお伝えします。

③ご加入意思の確認

お手数をおかけしますが、お客様より当社までご加入されるか否かご連絡ください。

④申込書の郵送

当社からお客様に申込書を郵送します。

⑤申込書へのご記入・ご捺印およびご返送

保険開始日の前日までに当社までに申込書をご返送ください。

⑥保険料のお振込

保険開始日の前日までに当社指定の口座にお振込みください。

⑦保険証券のご郵送

当社からお客様に証券を郵送します。

お見積りフォーム

パンフレット パンフレットはこちら
渡航期間
確認事項:保険の開始日について
渡航元
旅行目的 商用旅行その他
商用を選択した場合
契約タイプ 保険期間31日まで(パンフレットp.5参照)保険期間31日超3ヵ月まで(パンフレットp.6参照)
69歳以下70歳以上
69歳以下70歳以上
C3C2B2
N4N3M2
F4F3F2
R4R3Q2
※保険期間3ヵ月超の場合はお問合せください。
プリンターの有無
※プリンターで申込書が印刷可能な方は、印刷データをメールにてお送り出来ます。
お申込者情報
(契約者)
フリガナ
契約者名
氏名にフリガナをお願いします。法人の場合、法人名と代表名(フリガナ含む)をお願いします。
住所

郵便番号

住所

TEL
MAIL
1人目の渡航者情報をご入力ください。
渡航者情報
(被保険者)
氏名(パスポート記載の英字)
契約者との関係
生年月日
性別
パスポート番号
※渡航者数が2人の場合、下記に2人目の渡航者情報をご入力ください。
渡航者情報
(被保険者)
氏名(パスポート記載の英字)
契約者との関係
生年月日
性別
パスポート番号
その他
(被保険者が3名以上いる場合は、上記の被保険者1,2の情報を参考に、フリー欄にご入力ください。)

ご注意点

1. 保険期間について
 「旅行の目的を持って自宅を出発した時から、再び自宅へ帰着するまで」が保険期間となっております。
2. 治療費等について
 通常の海外旅行保険には、「メディカル・キャッシュレスサービス」が付帯されており、ケガや病気で具合が悪くなられた場合も、提携病院へ行って頂ければ無料で治療が受けられますが、逆海外旅行保険においては、日本国内に提携病院がないのでキャッシュレスサービスは付帯されておりません。 従いまして、病院にて治療を受けられる場合は、下記2通り方法がございます。
●2-1.ウォークイン ※
①サポートデスクへご連絡いただきます。

②以下の事項をオペレーターにお伝えいただきます。・お名前・保険証券、保険契約証または被保険者証の番号・ご契約の内容または契約タイプ・現地連絡先と電話番号・ケガの状態、病気の症状等

③サービスが受けられる病院をご紹介します。

④ご紹介した病院にて所定の書面に必要事項(氏名、証券番号等)の記入を求められますので、病院等の指示にしたがってください。

⑤あとは治療を受けていただくだけです。治療費の請求はありません。

●2-2.通常の保険金請求
①一旦、治療費全額を病院窓口にて支払っていただきます。

②後日、保険金請求受付窓口にご連絡していただきまして、保険金をご請求いただきます。
訪日外国人である被保険者本人から保険会社へ請求いただくのは、言葉や保険金送金の問題もあります。 従いまして、保険金のご請求の手続きは、被保険者の方から委任を受けた、日本語が理解可能な契約者等の日本在住の法人・個人に代行していただいております。 具体的な処理としては、保険金請求書の「委任状」の欄に被保険者ご本人からサインして頂き、ご署名・ご捺印および振込先欄については、代行者の住所、氏名、捺印、銀行口座にご記入頂きます。保険金につきましては、予め代行者から被保険者へ支払っていただいて、その代行者が後日保険会社から同額を受領する事になります。 請求金額が10万円を超えない場合は、診断書の添付は不要です。病院や薬局などで受け取られた領収証のみ添付のうえ、保険金請求書をご提出下さい。
※事故が起こった場所によっては、応じてもらえない可能性がございますのでご了承ください。その場合は、必然的に右記の●2.通常の保険金請求手続きになります。

重要事項説明書

重要事項説明書はこちら

パンフレット

パンフレットはこちら

渡航期間


確認事項:保険の開始日について

渡航元

旅行目的

商用旅行その他
商用を選択した場合

契約タイプ

保険期間31日まで(パンフレットp.5参照)保険期間31日超3ヵ月まで(パンフレットp.6参照)

69歳以下70歳以上
69歳以下70歳以上

プリンターの有無


※プリンターで申込書が印刷可能な方は、印刷データをメールにてお送り出来ます。

C3C2B2
N4N3M2
F4F3F2
R4R3Q2

※保険期間3ヵ月超の場合はお問い合わせください。

お申込者情報(契約者)

フリガナ

契約者名

法人の場合、法人名と代表名(フリガナ含む)をお願いします。

住所

郵便番号

住所

TEL

MAIL

1人目の渡航者情報をご入力ください。

渡航者情報(被保険者)

氏名(パスポート記載の英字)

契約者との関係


生年月日

性別

パスポート番号

※渡航者数が2人の場合、下記に2人目の渡航者情報をご入力ください。

渡航者情報(被保険者)

氏名(パスポート記載の英字)

契約者との関係


生年月日

性別

パスポート番号

その他

(被保険者が3名以上いる場合は、上記の被保険者1,2の情報を参考に、フリー欄にご入力ください。)

ご注意点

1. 保険期間について

 「旅行の目的を持って自宅を出発した時から、再び自宅へ帰着するまで」が保険期間となっております。

2. 治療費等について

 通常の海外旅行保険には、「メディカル・キャッシュレスサービス」が付帯されており、ケガや病気で具合が悪くなられた場合も、提携病院へ行って頂ければ無料で治療が受けられますが、逆海外旅行保険においては、日本国内に提携病院がないのでキャッシュレスサービスは付帯されておりません。 従いまして、病院にて治療を受けられる場合は、下記2通り方法がございます。

●2-1.ウォークイン ※

①サポートデスクへご連絡いただきます。

②以下の事項をオペレーターにお伝えいただきます。・お名前・保険証券、保険契約証または被保険者証の番号・ご契約の内容または契約タイプ・現地連絡先と電話番号・ケガの状態、病気の症状等

③サービスが受けられる病院をご紹介します。

④ご紹介した病院にて所定の書面に必要事項(氏名、証券番号等)の記入を求められますので、病院等の指示にしたがってください。

⑤あとは治療を受けていただくだけです。治療費の請求はありません。

※事故が起こった場所によっては、応じてもらえない可能性がございますのでご了承ください。その場合は、必然的に右記の●2.通常の保険金請求手続きになります。

●2-2.通常の保険金請求

①一旦、治療費全額を病院窓口にて支払っていただきます。

②後日、保険金請求受付窓口にご連絡していただきまして、保険金をご請求いただきます。

訪日外国人である被保険者本人から保険会社へ請求いただくのは、言葉や保険金送金の問題もあります。 従いまして、保険金のご請求の手続きは、被保険者の方から委任を受けた、日本語が理解可能な契約者等の日本在住の法人・個人に代行していただいております。 具体的な処理としては、保険金請求書の「委任状」の欄に被保険者ご本人からサインして頂き、ご署名・ご捺印および振込先欄については、代行者の住所、氏名、捺印、銀行口座にご記入頂きます。保険金につきましては、予め代行者から被保険者へ支払っていただいて、その代行者が後日保険会社から同額を受領する事になります。 請求金額が10万円を超えない場合は、診断書の添付は不要です。病院や薬局などで受け取られた領収証のみ添付のうえ、保険金請求書をご提出下さい。

重要事項説明書

重要事項説明書はこちら

※申込書と証券は、契約者のご住所にお送りします。

お問い合わせ

お名前

企業名(法人様の場合)

電話番号

メールアドレス

題名

お問い合わせ内容

このホームページは、逆海外旅行保険の概要についてご紹介したものです。ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

2019年7月作成
19-T01778
(完)