マンション管理士による診断

 先日、マンション管理士による「マンション管理適正化診断」にはじめて立ち会わせていただきました。

 一般社団法人日本マンション管理士会連合会(日管連)が実施する無料のサービスで、マンションの管理運営状況、修繕計画状況等を診断するものです。

 築30年のマンションでしたが、外観は比較的綺麗で目立った老朽化も見られませんでした。

 しかしそのマンションは昨年度から管理会社が変わり、昨年以前の資料の保管状況が不明でした。

 そのため各種工事の実施状況や点検状況の確認がとれず、あまり良い診断結果を得ることが出来ずとても残念でした。

思っていたよりも細かい項目!

 マンション管理士が作成する診断項目チェック表を見てみると、修繕工事の実施状況等だけでなく、管理費や修繕積立金の収納状況であったり、指定場所以外での喫煙を管理規約で禁止しているかといった受動喫煙防止の状況であったりと、こんなところまで確認するのか!と感じることがいくつかありました。

適切な管理の大切さを実感

 診断レポートは100点満点になっており、その中で大きな比重を占めるのが、給排水管の工事の実施状況や計画期間25年以上の長期修繕計画に基づき修繕積立金を設定しているかといった項目です。

 これは、古いマンションほど、当然ながら漏水事故が多発するからです。

 今回診断したマンション管理士によると、見る限りでは工事等が行われているだろうとのことでしたが、やはりエビデンスが確認できなかったために点数をつけることができず、とても勿体ない結果だったと思います。

 なぜなら、この点数の結果がマンション共用部分用火災保険の保険料に大きく影響するからです。何十万円、何百万円と差が出る場合もあります。

工事報告書が特に大切!

まとめ

 マンション管理士による「マンション管理適正化診断」を行うと、診断結果やアドバイスを記載した「マンション共用部分診断レポート」が無料で提供され、管理会社および管理組合が建物設備や運営等の管理水準の維持・向上を図るための基礎資料として活用できます。

 今後どのように管理をしていったよいのか具体的な策を知ることができるのでとてもいいサービスではないでしょうか。

我々は、マンション保険の見直しやマンション管理組合のサポートができるように最適な保険をご紹介しております。

保険が満期となり見直しをご希望の方や現在の保険会社だけではなく複数の保険会社の相見積もりをご希望など、そのような方は是非ご検討・ご連絡ください。

詳しくはこちらのマンション保険の専用ページをご覧ください。
マンション保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・マンション保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・見直したい