災害時の無料Wi-Fiの注意点

 2011年の東日本大震災時に、情報の収集ができないことは被災者たちを大きく苦しませました。

 そこから得た教訓で、今後災害が起こった際に誰でも自由に情報収集ができるような環境を実現する対策が成されました。

 それが無料のフリーWi-Fi「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」です。

 「00000JAPAN」の内容と利用時の注意点をお伝えします。

フリーWi-Fi「00000JAPAN」

 大規模な災害や、緊急時にみんながスマホやインターネットで情報収拾や情報交換が行えるようWi-Fiが無料開放されています。

 さらに無料でWi-Fiが開放されることで、外国人観光客にも便利に使ってもらうことができます。

参照元:総務省「〜無線LANビジネス推進連絡会〜」より

災害時に便利なフリーWi-Fi

 度重なる台風や地震で、大きな被害にあった人が当時最も困難であったのが情報収集でした。

 停電していても充電式ラジオを備えていれば、ニュース等により情報が得らていますが、ラジオを使用する機会や文化があまりない世代や世帯にとっては、やはりスマホが最も重要な情報源の役割を果たします。

 そこで、大規模災害時に公衆無線LANを無料開放し、誰でも使用できるようにすることで緊急時の情報収集を可能にするサービス「00000JAPAN」が実現しました。

 キャッチコピーは「いのちをつなぐファイブゼロジャパン」です。

参照元:総務省「〜無線LANビジネス推進連絡会〜」より

初の無料開放

 「00000JAPAN」は2016年の熊本地震で最初に開放されました。

 目標としていた災害発生後72時間以内の開放を達成し、また開放されたアクセスポイントは九州全域で約55,000に及びました。

接続の仕方

 スマホや端末のキャリアによって異なりますが、接続可能地域にて、

 設定→インターネット設定(Wi-Fi設定)→Wi-Fi接続をONに→「ネットワークを選択」のなかに「00000JAPAN」を探してクリック→接続完了

 これだけで、開放されているWi-Fiにアクセスして利用することができます。

利用時のリスク

 フリーWi-Fiで気をつけなければならないことがセキュリティに関することです。

 もちろんサービス提供者も対策を打ち出してはいますが、最終的には私たち利用者がきちんとした知識を身につけて使わなくてはいけません。

盗聴される可能性がある

 IDとパスワードが不要ということは、通信の内容が暗号化されていないということです。

 これは情報がたくさんおいてある部屋の扉に鍵がかかっておらず、誰でも自由に他人の情報に触れてしまえる状況と同じです。

 そこで、「00000JAPAN」を使用した通信は、必要最低限のやりとり内に留めることです。

 ネットショッピングでクレジットカードの暗証番号を入力したり、個人情報を細かくやりとりするなど、盗まれたら困る情報は流さないよう心がけましょう。

 どうしても必要な場合は、その時だけWi-Fiではなく携帯電話の回線を利用するといいです。

成り済ましWi-Fiが横行

 「00000JAPAN」は成り済まされた偽のSSIDが横行することが予想されます。

 例えば「00001JAPAN」や「00000JAPAN2」など、一文字だけ異なった文字を使用したり、一般者が「一つだけのSSIDでは足りないからもう一つ設定して2としたのかな?」と思ってしまうような名前にすることで、Wi-Fiを使用しようとする人を誘い込みます。

 使用する際には、SSIDの名前がきちんと正しい名前になっているかを確かめてから使うことが大切です。(0が5つ付いているか?JAPANの前後に不審な文字がついていないか?)

 騙されることのないように気をつけたい。

今後の「00000JAPAN」の課題と拡大について

 00000JAPANの周知および拡大へ向けて、サービス提供者および国はどのような対策を行なっているのでしょうか?

 これら今後の展開を知っておくことで、正しい情報で安全にWi-Fiを活用することができます。

「00000JAPAN」の周知について

 いつ大きな災害が起こるかわからない今、一刻も早いサービスの周知と拡大が急がれます。

 各自治体や企業が提供している公衆無線LANサービスに「00000JAPAN」を導入し、追加発信をおこなってもらい、災害時ネットワークの拡大を目指します。

 サービス利用におけるガイドラインがすでに規定、作成されており、サービスの提案やガイドラインの配布は全て大手通信社から積極的に行う方針とのことです。(ただし運用ポリシーは各自治体で取り決めることになっています。)

参照元:総務省「〜無線LANビジネス推進連絡会〜」より

セキュリティにおける対策

 もう一つの課題は、セキュリティにおける周知です。

 上記で述べたリスクのことや、使用上の注意やセキュリティ対策は、パソコンと同じ扱いをすること等をサービスの提案と同時に自治体へ周知する必要があります。

 セキュリティを考慮して、広範囲にわたって長期間開放するのは危険なので、「00000JAPAN」は緊急時のみ開放することとしています。

まとめ

 災害時等の緊急時に、多くの人がインターネットにアクセスして情報が収集できるように無料のフリーWi-Fiが開放されています。

 フリーWi-Fiを利用する際に気をつけなければならないことがありました。それは
・フリーWi-Fiを用いて重要な個人情報のやりとりをしてはいけない
・ネットショッピングなどクレジットカードの情報が必要な通信は行なってはいけない
・SSIDが正しい名称であるかしっかり確認する

 しかしまだ「00000JAPAN」の知名度は低く、自由に利用できるWi-Fiがあることを知っている人はおそらく少ないと思われます。

 また、お年寄りやインターネットに詳しくない人が設定するのは困難だと思われますので、それら接続の仕方についても宣伝や周知が今後の課題になってくるでしょう。

 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
月額5,000円から利用できるサイバー保険付帯サービス
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。