これまでの保険料や補償内容に一度でも
疑問を感じたことがありましたら…

保険のプロに相談してみませんか?

東京海上日動社より11年連続トップクオリティ
最高ランク認定保険代理店

保険のプロに相談する
3つのメリット

マンション管理組合向けの火災保険は、マンションの築年数や管理状況等により、各保険会社で算出される保険料に差異が生じます。※
ご提案できる保険会社の数が少ないと、どうしてもお客様のご希望にそえない場合や今の条件より良いプランをご提案できない場合があります。

保険を専門に扱う弊社では、業界最大手保険会社を含む7社より、お客様のご希望に応じた適切な保険をご提案しております。

※地震保険料は、共通の料率を利用するため同額になります。

弊社ではお客様のご要望により、管理組合様の理事会や総会での火災保険のご説明や質疑応答等を行っております。

補償内容の細かいご説明や実際の保険金のお支払い事例、保険料の見直しのポイント等、保険のプロだからこそできるサービスをご提供しております。


一般社団法人日本マンション管理士会連合会の診断マンション管理士が実施するメンテナンス状況診断を無料で受けることができます。さらに、診断結果は「診断レポート」として無料でご提供します。日新火災のマンションドクター火災保険では、この診断結果に応じて最高30%以上の火災保険料を割り引くことも可能です。

【実際のご契約事例】千葉県団地 築44年300戸

築44年の300戸ほどのマンション管理組合様から、3年前に約600万円であった保険料が2018年1月更新では2倍近い約1,100万円になる見積書が届いたとのご相談をお受けしました。
そこで弊社では、一般社団法人日本マンション管理士会連合会の「マンション管理適正化診断サービス」をご提案しました。このサービスは、マンションのメンテナンス状況等について、給排水管の更新工事実施状況をはじめとする14項目について診断するものです。
日新火災では、このポイントに応じて保険料の割引が適用されます。
上記マンションでは64ポイント中38ポイントの評価を得て、約760万円の保険料となり、約340万円の大幅な節約になりました。
2018年から18項目100ポイント満点
費用補償は各社パンフレットをご覧ください

 

マンション総合保険を選ぶポイント

マンション総合保険を選ぶ際、補償内容や保険料はもちろんですが、他にも考慮すべきポイントがあります。

どの保険会社にするか?

大手が安心なのか、中堅損保会社ではいざ事故が起きて保険金を請求する際、支払いはどうなのか?
保険会社は保険約款にしたがって保険金をお支払いしますので、大手、中堅の違いはございません。
しかし、保険代理店によってご契約者と保険会社との調整力に差が有りますので、可能な限り専業プロ代理店を通じてご加入されますことをお勧めします。

建築後何年経っているか?また、直近で保険金を請求したか?

新規でご契約しようとする場合、築後20年以上経っているマンションでは直近の事故歴や給排水管の更新・更生工事の実施、計画等メンテナンス状況によって、引受けに制限をかける保険会社があります。
制限の例は次の通りですが、保険会社およびメンテナンス状況によりいずれか、または複数項目が適用される場合がございます。
●初年度は保険期間1年
●免責10万円、20万円
●建物管理賠償責任補償特約および個人賠償責任補償特約(包括契約用)は不担保
●引受不可

メンテナンス状況により大幅に保険料がお安くなるマンション総合保険

マンションは古くなるとどうしても漏水事故が多くなり、保険会社もそのリスクに見合った保険料を要求することは当然とはいえ、契約者(マンション管理組合様)にしてみますと加入に際して大きな障害になるものと思われます。
一般社団法人日本マンション管理士会連合会が保険会社と提携して実施する無料の「マンション管理適正化診断サービス」によってマンションのメンテナンス状況等について、給排水管の更新工事実施状況をはじめとする14項目について診断し、ポイントに応じて保険料の割引を行うことができます。

このように築年数が20年、30年経っていても管理状況が良いマンションは、割安な保険料となる保険もございます。

補償の対象の範囲など

保険の対象の範囲

マンション建物の本体の共用部分(玄関ホール、屋外階段等)に限らず、建物に直接付随しない付属建物や設備、構築物などの共用部分および区分所有者共有の動産*も保険の対象として補償されます。

*通貨、預貯金証書、1個または1組の価額が30万円を超える美術品などは含まれません。

※共同住宅建物が2棟以上ある場合、それぞれに保険金額を定めてご契約いただきます。その際、付属設備がどちらに含まれるか不明確な場合は、いずれかの建物に含まれる旨を明記してください。

評価の方法

・建物の評価は新価基準によって行います。

・マンション共用部分の評価額は、一般的に壁真基準の場合はマンション全体の評価額の40%程度、上塗基準の場合は60%程度となります。共用部分と専有部分の区別については、管理規約等でご確認ください。

保険金額の決定方法

評価額が2億円の場合 ⇒ 保険金額は2億円で設定します。

※万が一の事故によって修理をしなければならない場合に備えて、保険金額は評価額いっぱいで設定することをおすすめしますが、ご希望により、評価額の範囲内(評価額の20%~90%)で設定いただくことができます。この場合、修理等を行うにあたって自己負担が生じることがありますのでご注意ください。

保険期間・診断結果の有効期間・保険料について

保険始期時点の築年数区分に応じて、基本保険料が異なります。

「マンション管理適正化診断サービス」の診断結果に応じて、保険料の割引を行います。

*1「マンション管理適正化診断サービス」における診断結果をいいます。

*2 2016年12月31日以前に診断を実施した場合、診断実施日時点で築20年以上のマンションについては、診断結果の有効期間は診断実施日から3年間となります。

※上記は、日新火災のマンションドクター火災保険パンフレットより引用しています。ご契約にあたりまして、必ずパンフレットや「ご契約のしおり」、重要事項説明書をよくご確認ください。ご不明な点がありましたら、弊社までお問い合わせください。

ご対応の流れ

よくある質問

保険会社によって保険金支払いに差があるって聞いたけど本当ですか?

いいえ、保険会社による違いはございません。各社共、約款に規程されている通りにお支払いします。
但し、基本補償に違いはありませんが、費用保険は自動セットされる補償や限度額が保険会社によって異なる場合がありますので、ご契約時にきちんとプロの代理店担当者から説明を受ける必要があります。
特に他の保険会社に乗り換える場合は注意が必要です。どの補償が同条件で違うところはどこなのかをお確かめください。

更新保険料が2倍になってしまうことが本当にあるのですか?

基本となる主契約保険料は各損害保険会社共、数年ごとに改定がありますがさほど大幅な値上げはいたしません。
一方、マンション共用部分賠償特約やマンション居住者包括賠償責任特約保険料は建築後概ね5年単位で大幅に値上がりいたします。それだけ古いマンションは漏水事故などが多発しているということです。

メンテナンス状況の無料診断を受ける方法を教えてください。

お電話かWEBよりご請求いただきましたら、診断依頼書をお送りいたします。
診断依頼書に必要事項をご記入の上、FAXでお送りいただきましたら、折り返し診断マンション管理士からご連絡いたします。

メンテナンス状況の無料診断を受けたら必ず日新火災で申し込まないといけないの?

診断後、必ずしも日新火災にご加入いただかなくても結構です。
さらに診断ポイントは5年間有効ですので、5年以内に弊社で再見積もりをさせていただく場合はそのポイントを利用して割引を適用することができます。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、株式会社バリュー・エージェントまでお問い合わせください。