製造物責任法(PL法とは)

製造物責任法(PL法)とは
製品の欠陥によって生命、身体又は財産に損害を被ったことを証明した場合に、被害者は製造会社などに対して損害賠償を求めることができる法律です。

具体的には、製造業者等が、自ら製造・加工・輸入又は一定の表示をし、引き渡した製造物の欠陥により、他人の生命・身体又は財産を侵害したときは、過失の有無にかかわらず、これによって生じた損害を賠償する責任があることを定めています。

製品とは「製造又は加工された動産」であり、「通常有すべき安全性を欠いている」場合が欠陥となります。
製造業者等とは以下のいずれかに該当する者です。

  • 製造業者
    製造物を業として製造、加工又は輸入した者。輸入業者も該当することに要注意です。
  • 表示製造業者
    製造業者ではないが、製造業者として製造物にその氏名等の表示をした者又は製造業者と誤認させる氏名等の表示をした者。
  • 実質的製造業者
    製造物にその実質的な製造業者と認めることができる氏名等の表示をした者。

PL法上の欠陥とは「当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていること」であり、次の通り区分されます。

  • 設計上の欠陥
    製造物は設計通りに作られたが、設計自体に問題があるために安全性を欠いた場合。
  • 製造上の欠陥
    製造物が設計や仕様どおりに作られなかったことにより安全性を欠いた場合。
  • 指示警告上の欠陥(設計指示の抗弁)
    製造物から事故発生のリスクを取り除くことが不可能な場合に、その危険に関する適切な警告・指示がなかった場合。例えば、取扱説明書の記述に不備がある場合。

企業の対策としては、欠陥が生じないようにすることと、それでも欠陥が生じてしまった場合の損害賠償資金を確保するということになります。
後者の対策の一つがPL保険になります。

①うちは部品メーカーであり、完成品を製造・販売しているわけではない。
②他から仕入れたものを販売しているだけで、製造しているわけではない。

といった場合に、損害賠償責任を負うことはない、と考える企業も多いかもしれません。

しかし、①の場合
被害額が高額になるような場合など、完成品メーカーやその保険会社が事故が起きた原因究明の調査を行い、その結果部品メーカーが製造した部品が原因で事故が起こった、ということになれば、賠償責任を追及されることとなります。
②の場合、
A社が製造した製品を、B社が販売したとして商品の欠陥により事故が起きてしまったとします。
この場合、基本的には製造業者であるA社が損害賠償責任を負うことになりますが、B社においても製品に関する説明が不足していたとしたら、製品管理に何らかのミスがあったとしたら、損害賠償責任を負う可能性もあります。
また、被害者からすると、A社・B社どちらにも損害賠償請求をすることができます。

こうして考えると、多くの企業において損害賠償責任を負うリスクはあると考えられます。(詳しい内容は下記のバナーを押してください)

PL保険

PL保険(生産物賠償責任保険)をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・もっと詳しく知りたい
・どういった補償内容が必要なのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。