【必見!】訪日外国人を呼び込む保険

訪日外国人は年々増加しており、インバウンドビジネスを取り巻く業界は大いに盛り上がっています。
しかし、皆様(貴社)と同じように訪日外国人に対するビジネスに取り組んでいる企業様は多くいらっしゃいます。他社と差別化を図るためにはどうしたらいいでしょうか。また、訪日外国人に皆様(貴社)のサービスを利用していただくにはどうしたらいいでしょうか。訪日外国人を呼び込む方法の中で、今回は保険をご紹介させていただきます。

1. 訪日外国人を呼び込む保険とは?

訪日外国人の旅行保険は日本人が海外に行く際に加入する旅行保険と同様ですが、保険の対象者を日本人ではなく日本に訪れる外国人とする海外旅行保険です。
日本の保険会社が取扱っている訪日外国人向けの旅行保険は、主に2つの方法で加入できます。

①訪日外国人が各自でネットから申し込む方法
②訪日外国人が利用するサービスに旅行保険を付帯する方法
今回、このブログでご紹介させていただくのは②の方法となります。

1-1. 補償内容

訪日外国人向けの旅行保険の補償内容は以下のとおりとなります。

・ケガの治療費用
・病気の治療費用
・本国への移送費用(ケガ人・病人・遺体を本国へ移送する費用)
従来の海外旅行保険の補償内容とは違う点があり、死亡保険金や賠償責任補償などがございません。

1-2. 保険料

上記のとおり、訪日外国人向けの旅行保険は従来の海外旅行保険の補償内容と違いますので保険料は低額です。

2. 保険を付帯した際のメリットは?

このブログでご紹介しているのは、訪日外国人が利用する皆様(貴社)のサービスに旅行保険を付帯する方法です。ですので、保険料をお支払いいただくのは訪日外国人ではなく、訪日外国人が利用するサービス業の皆様(貴社)です。この点につきましては、お間違いないようにご注意ください。では、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

2-1. おもてなし

この保険の特徴の一つは、皆様(貴社)のサービスに旅行保険を付帯して訪日外国人にご提供することです。ですので、訪日外国人が利用したいサービスに旅行保険が付帯していれば、訪日外国人が自ら旅行保険の手続きをしなくて済むので訪日外国人にとってはメリットだと感じていただけると思います。訪日外国人へのおもてなしになりますよね。
旅行保険が付帯しているサービスを利用した訪日外国人に満足していただければ、リピーターになることや口コミなどで広がり別の訪日外国人に皆様(貴社)のサービスを利用していただけるのではないでしょうか。

2-2. 万が一の事故やトラブルに対応

保険の対象者、つまり、皆様(貴社)のサービスの利用者である訪日外国人が事故やトラブルに遭った際は言葉の問題などもあり、どのように対応すればいいのか不安ですよね。
万が一の際に、適切なサポートを受けられますので事故やトラブルの時でもご安心いただけたらと思います。

3. 保険を付帯した際のデメリットは?

デメリットを一つ挙げますと、皆様(貴社)に保険料をお支払いいただくということです。しかし、保険料のお支払い方法はそこまで面倒ではありません。月に一度、もしくは年に一度のお支払いとなります。

4. まとめ

はじめに記載したとおり、訪日外国人に対するビジネスに取り組んでいる企業は多くいらっしゃいます。しかし、取り組み始めた企業ばかりだそうです。競合他社と差別化を図る工夫の一つとして、訪日外国人におもてなしの心を込めて皆様(貴社)のサービスに旅行保険を付帯してご提供されてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらのインバウンド保険の専用ページをご覧ください。
海外の知人等を日本へ招く際は、こちらの保険もご覧ください

インバウンド保険に関するお問い合わせやご質問をお待ちしております。

海外旅行保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・インバウンド保険の資料が欲しい
・どのインバウンド保険がいいのか
・どんな事故が補償対象なのか確認したい
・保険料はどれくらいなのか
・インバウンド保険に加入したい