中小企業の大事なデータをお守りする新サービス

はじめに

 昨今、ペーパーレス化やデジタルデータ化をする企業が増えてきております。その結果、PCやサーバーをはじめとした機器などの需要が増えてきております。

 一方で、PCなどの機器を狙ったサイバー攻撃が巧妙化してきております。皆さま、何かデータの消失やサイバーリスクの備えなどはされていますでしょうか?

 大企業に比べると、中小企業ではこれらの対策が遅れていることが多いようですが、もちろん対策をしている中小企業もいらっしゃいます。データをHDDやサーバー、USBメモリなどにバックアップをして、データの消失に備えるほか、ウイルスソフトでサイバーリスクへの備えをしているということもお聞きします。セキュリティ対策にかけている費用は様々ですが、貴社は費用対効果に満足されていますか?

 弊社では低価格かつ内容が充実しているサービスを新たにはじめました。この新サービスについてご紹介致します。

1.データ復旧

 データ消失を防ぐためにデータをバックアップしている企業であってもバックアップしている機器にシステムのバグや不具合が発生したり、操作を間違え誤消去により大切なデータが突然消えてしまうケースも少なからず発生しています。

 大切なデータを元通りにするためにデータの復旧を依頼されることと思いますが、復旧費用はどのくらいかかるかご存知でしょうか?

 このように、失ったデータの復旧にかかる費用はなかなかの出費です。

2.サイバー保険

 昨今インターネットが社会で普及している中、サイバー攻撃は増加し大きな問題となっております。こちらも上記の通り、サイバーリスクへの備えはウイルスソフトやUTM*(*ファイアウォールや、ウイルス対策ソフトなどの複数のセキュリティ機能を統合したもの)などで対応していらっしゃる企業が多いです。事前の対策が出来ていてもリスクがゼロになるとは限りません。

 また、サイバー攻撃を受けると、金銭・顧客・業務の損失など、経営に直結する重大なリスクが発生します。経営者が責任を問われたり、場合によっては株主代表訴訟の対象にもなります。

 これらのリスクに備えることができるのがサイバー保険です。サイバー保険は、BCP対策のうちの一つとして中小企業にとっては加入するべき保険でございます。しかし、サイバー保険に加入しようと考える方はいらっしゃいますが、保険料が高いと言われております。

3.新サービス

 上記のとおり、データ復旧費用やサイバー保険には相応の費用がかかることはご理解いただけたと思います。そこで、弊社は皆様のためにお役立ちたいとの思いから新サービスをはじめました。

 その名も「データレスキュープラス」です。「データレスキュープラス」の内容はデータ復旧サービスと、特典として万が一の損害賠償と事故対応費用に備えるサイバー保険が付帯された新サービスです。お値段は3パターン*に分かれており、下記の表の通りです。
*法人の従業員数でプランが違います。

20名以下プラン 50名以下プラン 100名以下プラン
月額6,000円(税別) 月額10,000円(税別) 月額18,000円(税別)

 

 さらに、なんと販売開始記念ということもあり、2018年内で限定で特別価格キャンペーンを実施しています。キャンペーン価格は下記の図の通りです。

4.まとめ
「データレスキュープラス」のサービスを利用しますと、嬉しい3つのメリットを受けることができます。

 これら嬉しい3つのメリットを感じることができるのは「データレスキュープラス」のみです。当サービスの注目すべき点は、充実した内容に対するコスパの良さです。

 とても身近で様々な理由で発生するリスクですが、意外と備えていない企業が多く見受けられます。まだこれらのリスクに備えられていない場合は、是非この機会にご検討されてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらのデータレスキュープラスの専用ページをご覧ください。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。