無線LANに忍び寄る恐怖

 インターネットに接続する形式は大きく分けて2つの種類があります。LANケーブルを使用した有線LAN方式とケーブルを必要としない無線LAN方式です。

 無線LAN方式は、条件が揃っていれば場所を選ばずインターネットに接続することができるメリットがありますが、便利かつ利用者が多い事柄には決まってそれらを悪用する者が出てくるわけで、無線LANも例外ではありません。

 今回は、無線LANについての危険性と安全に使用する方法をご紹介します。

■公共無線LANの危険性

 無線LANにも更に大きく分けて2種類の形式があります。喫茶店や駅など一定の店舗や公共施設で使用できる公共無線LANと、社員が業務の効率化を図るために使用する、使用者を厳重に管理した社内LANの2種類です。

 この2つの形式の大きな違いは、誰でも使用できるか否かという点にあります。

 公共無線LANに潜む危険性を挙げると、脆弱性のあるプロトコルを使用している可能性が挙げられます。

 お手持ちのモバイル端末またはパソコンから、無線LANに接続した状態で無線LAN設定の詳細を見てみましょう。

 WEPなどの脆弱性のある通信プロトコルが使用されていた場合、使用は即避けるべきでしょう。WEPは通信パケットキャプチャで、簡単に暗号化を破ることで通信を傍受することができます。

 危険であるにも関わらず脆弱性のあるプロトコルを使用した無線LANがいまだに出回っている理由としては、店舗または施設の管理人の無線LANに対する知識不足が考えられます。


参照元:Microsoftセーフティーとセキュリティセンター より

■社内LANなら安心なのか?

 上記で述べた理由から、社内PCや機密情報の入った電子機器を公共の無線LANに接続することは決してすべきではありません。

 では社内LANはどうでしょうか?業務のネットワークに無線LANを導入する際は、有線LANで接続するよりも多くのセキュリティ対策を施すこと、通信がやや不安定になることを心得ておくべきです。

 ウイルス対策ソフトは必ず導入し、定期的に自動でウイルススキャンをかける設定をしておくこと。無線LANに関する社内ルールの徹底。社員の無線LAN使用状況を監視できるような仕組みを整えること等が挙げられます。

■まとめ

 テレワークなどの場所を選ばない業務が増加する中、無線LANの使用は避けて通ることはできないでしょう。

 無線LANを安心して利用するためには社内ルールの徹底など利用者の意識を高めることが必要です。情報漏洩や盗聴は目に見えないため、被害を被っても実感がわきません。

 しかし過ちを犯してしまう前に、セキュリティを高めるためのルールや行動を習慣化させましょう。

 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。