標的型メール攻撃の実態

 企業や社員一人一人が持つ情報の価値が高くなっている今、サイバー犯罪によって情報を盗み出す者が後を絶ちません。

 様々なサイバー犯罪の中でも、会社として警戒すべき事柄の一つに「標的型メール攻撃」というサイバー攻撃があります。

 これは特定の会社に対し集中的にメールやウイルスなどあらゆる手を尽くして攻撃を行う悪質な攻撃です。

■なぜターゲットにされるのか?

 標的型メール攻撃を行う犯人たちは、何が目的なのでしょうか?

 もちろんイタズラや能力の誇示等もありますが、一番の目的は対象の企業から情報を盗み出すことです。

 標的型メール攻撃の多くは、ウイルスを含んだ添付ファイルや悪性URLをメールにつけて送信してきます。

 うっかりそれらを開いてしまい、かつ添付ファイルやURLをクリックすることでウイルスに感染し、端末内の情報が抜き取られる、またはURLのクリックにより送信したメールアドレスに使用者がいることが犯人にばれてしまいます。

 個人のみの端未では日々受信するメールの数が少ないので、関係のないメールと判断したときは即削除ができますが、企業へのメールは毎日膨大なメールを受信しているので、一つーつを注意してみることがあまりありません。

 うっかり開いてしまう可能性が高いのは企業へ送信したメールであり、かつ盗み出せるデータ量も企業の方が多いのです。

 そうした理由から、特定の企業を狙って標的型攻撃メールを送信します。

■標的型攻撃メールの内容

 ウイルスに感染しないようにするためには怪しいメールを開かずに即削除するよう言われています。

 しかし、実際に怪しいメールとはどのようなものなのでしょうか?

 以前ならば不自然な日本語に不自然な文章が並んでいたため、すぐに危険なメールであると見抜くことができましたが、近ごろのメールはとても巧妙化した内容が多いため、簡単に判断することは難しくなってしまいました。

 中には自分とかかわりのある人物になりすまし、あたかも仕事のメールであるかのように見せるメールまで存在します。そのため、メールの取り扱いには細心の注意が必要となっているのです。

■まとめ

 ウイルスメールの内容が巧妙化して、簡単には見破りにくくなった今、セキュリティ対策を施すとともに、メールをじっくり読んで判断できるよう日頃からメールを整理する習慣をつけておいたほうがよいでしょう。

 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
おトクでラクラク加入のサイバー保険付帯サービス
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。