Society 5.0 とは?

 インターネットが世界中に普及し、誰でも当たり前のように情報に触れ、それらを活用することができるようになりました。

 様々な分野で大量の情報を蓄積し、AIによる分析技術が上がれば、情報を活用して更に大きなことに挑戦することもできるでしょう。

 サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会のことを政府はSociety 5.0 と名付けて国を挙げて実現を目指しています。

■Society 5.0 それはあたらしい社会のかたち

 私たち人間は、大昔に動物を狩りで仕留めて生活していました。

 そのような社会をSociety 1.0(狩猟社会)と名付けます。

 それから人間は狩り以外にも生きる手段を見つけます。

 それは、作物を育てて食料を増やす農耕生活を営むことです。

 これをSociety 2.0(農耕社会)とします。

 そして産業革命がおこり、それらの技術を取り入れ工業中心の生活が発達しました。

 これをSociety 3.0(工業社会)と呼びます。

 そのあとにインターネットが登場し、膨大な情報に触れることができるようになりました。

 これをSociety 4.0(情報社会)と呼びます。

 しかし、まだ機械やシステムの扱い方がわからない人は利用しづらいなど、技術格差が生じています。

 その格差を取り除き、だれでもあたりまえのように情報を活用できる社会、これこそが国が目指すSociety 5.0なのです。

参照元:内閣府 Society 5.0 より

■日本の社会問題解決に終止符を打てる!?

 AIに情報処理や単調な仕事をどんどん任せることで、以下の問題を解決できる可能性があります。

・労働人口の減少
 少子高齢化社会により労働人口は減少の道をたどり続けており、この流れはしばらくは変わることはありません。

 それに伴い様々な業界で深刻な人手不足が起こっています。

 しかしながら、AIやロボットの活用による生産の効率化・省人化は工場や倉庫等の肉体労働を伴う現場だけではなく、金融機関のコールセンターやサービス業でも既に始まりつつあります。

・無駄な食品ロスの低下
 家庭・食品スーパー・飲食店等において、毎年膨大な食品ロスが出ています。

 足りなくなることを恐れて余分に食品を注文することや、現状必要な分量を把握できていないがために大量の食料品が余り、廃棄されてしまいます。

 しかしAIが過去の膨大な情報を分析し、需給バランスを予測在庫の最適管理を行うことで、本当に必要な資源や材料の量を提案してくれるようになります。

■まとめ

 情報と人間が上手に交わることのできるSociety 5.0 が実現すれば、日本が抱えているいろいろな社会問題が解決できる可能性があります。

 それだけでなく普段の生活から無駄なものを排除し、本当にやりたいこと、やるべきことのみに集中できるようになるかもしれません。

 このような社会が実現する将来が楽しみになってきますね。
 
 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
おトクでラクラク加入のサイバー保険付帯サービス
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。