5000勝0敗

こんにちは保険営業部の廣瀬です。

5000勝0敗

このめちゃくちゃ強そうな奇跡的な数字は何の数字だと思われますか?

これ、実は私たちの免疫細胞が、がん細胞に対する1日の勝敗だそうです。
1日にがん細胞が5000個私たちの体ではできているそうです。
その細胞を免疫細胞がやっつけてくれているのだそうです。

しかも、全勝で。
寸分の狂いもなく。
負けることなく。
だけれどもこの勝ちの歯車が狂い始めるとがん細胞が増殖し始めます。

こう考えると私たちが、がんにならずに健康でいられるのが奇跡のように感じてきますよね。
この奇跡の状態がいつまでも続くのを願うのはどうも無理があるように感じます。

私はがんにはならない。
健康な人はそう思いがちですがその健康という奇跡に感謝し、その奇跡の連勝が止まってしまったときのことを考えてみるほうが現実的ではないでしょうか?

もちろん皆様の奇跡が続くことが一番ではありますが・・・。

2人に一人が、がんになる現代。

その事実について考えてみてはいかがでしょうか?