火災保険 賠償責任について

「万一、火事を起こしてしまったら…」

こんにちは。
火災・マンションチームの木下です。

突然ですが、万一、自宅から火事をおこしてしまった場合、お隣に火が燃え移ってしまったら損害賠償責任は火元である自分がもたないといけないのでしょうか。

答えは、「NO」です。
失火責任法(失火の責任に関する法律)が適用されるため原則として、失火による火災では損害賠償責任は発生しません。
ただし、重過失の場合を除きます。

重過失とは…
「わずかな注意で簡単にこうした結果になることが分かっているのに漠然と見過ごしたような注意を欠いた状態」をいいます。

【主な例として】
・寝たばこで引火、火災が発生した。
・天ぷらを揚げている際に電話がかかってきたため、鍋から離れた間に引火した。
・電気こんろを点火したまま就寝、ベッドからずり落ちた毛布が電気こんろにあたり毛布に引火し火災となった。

こうした重過失でなければ、隣人・隣室に損害賠償責任を負うことはないのです。
うらを返せば、自宅は自分の火災保険で守らないといけないということですね。

乾燥した日が続きますが、火の元には十分気をつけましょう。
 
(火災・マンションチーム 木下)