建物の評価額

火災保険の見積もりをご請求するお客様のなかに新築の建物でも評価額を希望される方が比較的多いです。
新築時(現在)の建築費がわかるのでしたら、土地代および土地造成費用を除いた建築費をそのまま現在の評価額とします。
しかし、建売住宅の場合ですと、土地代等を除いた建築費がお分かりになり難いことがあります。 また、中古の物件を購入された場合や建築後かなりの年数を経てるので新築時(当時)の建築費が分からない場合があります。
そのようなときは保険会社で標準的な評価額(同様の建物の新築価額)を算出することが出来ます。 その評価額は±20%の範囲内で調整することが可能です。 決定された評価額で建物保険金額を設定していただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です