必見!社会保険とは何か? 

皆さんは、税金や社会保険料の負担が大きいと感じたことはありませんか。今日は、まずその社会保険とは何かという基礎的なところのお話をさせていただき、どうすれば負担の大きなこの社会保険料を見直しが出来るかについてお話していきます。

1.社会保険ってそもそも何?

社会保険とは、国民の生活を守るために設けられた国の定めた保険制度です。生命保険や損害保険などとは異なり、一定の条件を満たしたら社会保険に加入して保険料を負担する義務が発生します。

1-1.何のための保険 医療

社会保険とは、よく使用する言葉としては、企業で「健康保険」と「厚生年金」が使われます。ここでは、社会保険を大きく、「医療」、「年金」、「介護」と分けていきます。まず、「医療」とはケガや病気、出産、死亡に対するためのものです。それらが生じた時にかかる費用の一部が負担されたり支給されたりするものです。

会社勤めの人なら「健康保険」、自営業者・短時間労働者・無職の人などは「国民健康保険」に加入することになります。

1-2.何のための保険 年金

次に、「年金」は、老後の生活、障害、死亡に対するものです。事前に積み立てた金額によって年金を老後に受け取れるほか、病気やケガで障害を負った場合に受け取れる障害年金や、加入者が亡くなった時に遺族が年金を受け取れる遺族年金などがあります。

年金には、会社勤めの人なら「厚生年金保険」、自営業者・短時間労働者・無職の人などは「国民年金」があり、それらへの加入をしていくことになります。

1-3.何のための保険 介護

最後に「介護」です。高齢者や、老化で介護が必要な人に対するもので、40歳以上の人に加入が義務付けられています。

訪問介護や老人福祉施設の利用など様々なサービスを受けることができます。

2.企業では、どんな人が適用されるの

では、会社で社会保険が適用される方というのは、どのような方でしょうか。時々、試用期間だから、アルバイト・契約社員だから社会保険は加入は大丈夫なんだとお話をされる経営者もいらっしゃいますが、それで大丈夫でしょうか。

2-1.適用の条件って何?①

アルバイトや、契約社員などでも加入をしなければ行けない人って、どんな人でしょうか。大きく分けて2つあります。

①勤務時間及び、日数が正社員の4分の3以上であること。
1週間の所定労働時間及び、1ヶ月の所定労働日数が常時雇用している従業員の4分の3以上であること。
一日8時間、週休2日の会社であれば、正社員は、1週間で原則8時間×5日=40時間となりますので、週に30時間以上の労働をすると、社会保険の適用となります。

2-2.適用の条件って何?②

②週20時間以上の勤務、年収106万円以上など5つの条件を満たしていること
2016年10月から適用される範囲が拡大し、従業員501人以上の企業で働く場合、上記①の条件のほか、次の5つの条件に当てはまる人が適用となります。
ⅰ 週の所定労働時間が20時間以上であること
ⅱ 賃金月額が月8.8万円以上(年収106万円以上)であること
ⅲ 1年以上の使用が見込まれること
ⅳ 従業員501名以上(厚生年金の被保険者数)の勤務先で働いていること
ⅴ 学生でないこと

3.じゃあ、どうするの

ということで、通常の法人で働いている従業員の多くの方々には社会保険の適用が必須となってきます。ただ、この社会保険は、個人の負担だけではありません。企業の負担もあり、企業経営に対しても大きなインパクトを与えていきます。

私達、バリューグループでは、お客様に寄り添いながら、最適な社会保険の適用の仕方をアドバイスしていきます。

また、このご提案は、社会保険のアドバイスにとどまらず、福利厚生を充実させる形にもなりますので、競争企業との差別化を図りたいとのご希望がございましたら、是非ご連絡下さい。

社会保険をご検討中の方へ

「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!

・もっと詳しく聞きたい
・見直したい
・料金はどのくらいなのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

プロフィール:髙橋 潤一
「安心」で「快適」な「未来」を労務の面からお客様とともに創造していく社会保険労務士 髙橋です。主に、東京、神奈川を担当し、助成金、社保の適正化のお手伝い、労務に関するご相談についてかかわらせていただいております。