「口座ではなく財布で管理」

皆様記憶に新しい仮想通貨NEMの流出。580億円相当のNEMが流出し、大きな問題となりました。仮想通貨取引所のシステムの脆弱性は以前より指摘されており、ハッキングへの対応が不十分であることが今回の事件で明らかになりました。

2014年にマウントゴックスというビットコイン取引所から合計で500億円相当のビットコインが流出しております。今回のNEMに関してはそれを上回った額が流出しておりますので、今回の事件がいかに大規模か推定できると思います。

ところで皆さん、NEMが保管されている場所はなんというかご存知ですか。銀行のような口座ではなくウォレット(財布)と呼ばれる場所に保管されています。ウォレットは銀行口座と違って本人確認なしで開設することが可能です。つまりウォレットから持ち主を特定することはできないということです。このように手軽に誰でも開設できる手軽さが攻撃の対象となった1つの要因かもしれません。

ウォレットには2種類あります。ネットワークに常時接続している「ホットウォレット」、ネットから隔離された「コールドウォレット」。今回のNEMの流出に関しては「ホットウォレット」で管理されていました。「コールドウォレット」で管理されていれば被害はより少なく済んだ可能性があるとも言われています。

急速に注目され始めた仮想通貨。今後も今回のように基本的な知識などをご紹介できればと思います。

 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。