マンション管理組合の役員の決め方

 マンションの管理組合は、その円滑な運営のために、一般的に毎年通常総会が開催されます。そのなかでは管理組合の役員選任の議案があり、要するに役員が決められることが一般的です。ここではマンション管理組合の役員の決め方についてご紹介します。

 まず本編にはいる前に、「選出」、「選任」、「互選」という概念を抑えておきましょう。選出は役員になるものを選び出すこと、選任は役員に選び出された者に役職をあたえること、互選は役員のなかの選挙により役職を持つものを決めることを指します。

 マンション標準管理規約のなかでは様々役職の配置が規定されていますが、理事長と副理事長、会計担当理事は互選で選び出すこととなっています。そのほかに監事がありますが、こちらは総会での選任(=総会にて承認を得ること)で決めることができます。従って基本的には、役員を住民から選び、その後総会での互選で理事長など要職を決め、監事について総会で承認を得る、というのが一連の流れになります。

1.選出方法

 形式上は総会で事案が上がり、それに対して決定することで役員が決まるわけですが、もちろん前準備なく総会で一から決めようとしてもなかなか決まるわけではないので、一定決め方のルールがもうけられているのが一般的です。

 役員の決め方はおおむね以下の通りで決められます。
①輪番性 ②立候補 ③推薦
 一般的に築年数の若いマンションでは「①輪番性」が採られるのが普通です、役員になる負担、マンション管理に携われる権利双方を公平に住民に回すことができるためです。初年度の総会にて住民毎に選出順が決められ、翌年度以降それに従って役員が入れ替わっていきます。

 ある程度年数が経ってくると引っ越し、高齢化、住民入れ替わりなどにより輪番性が成り立ちにくくなってくる場合があり、その場合には「②立候補」や「③推薦」に移り変わっていくという流れが一般的です。もちろんマンション毎に様々ですので、早期からこれらの決め方が採用される場合もありますが、事例としては公平性の観点から、冒頭の輪番性が多いです。こうして選出された役員のなかから総会での互選、選任により役職を定めていくという流れになります。

2.任期

 役員の任期ですが、1年か2年に定められている例が多いですが、年数が経ってきて役員のなり手が減ってきたときのために、相応しい役員が出てきた場合に一定長期で任命できる条項をつけているマンションもあります。一方、特に立候補で役員を決めるフェーズに入った場合に逆にふさわしくない人が頻繁に役員になってしまわないよう、継続期間の限度を決めたり、一度役員を引き受けた人がまた、役員を引き受ける場合にはインターバルをおかなければいけないなどの規約を作る場合もあります。

3.まとめ

 いずれにしても管理組合役員はマンション管理の中心になる組織なので、マンション管理が円滑に進められるよう、しっかり総会で議論の上決定していくことが望ましいです。

 また、管理組合に選ばれた方はマンション管理のためにマンション保険を見直すことをお勧めします。

詳しくはこちらのマンション保険の専用ページをご覧ください。
マンション保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・マンション保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・見直したい