【保険のおはなし】自転車に対して思うこと

こんにちは。

前回自転車保険に関する記事を書かせて頂きました。

ある事故がきっかけで自転車保険に対する関心が高まっているそうです。そのある事故というのが以下の記事です。

神戸市北区で2008年9月、当時小学5年生だった少年(15)の自転車にはねられて意識不明の状態が続いている女性(67)の夫と、保険金を支払った損害保険会社が、少年の母親に計約1億590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。

※小5自転車衝突、母親に9520万円賠償命令http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130705-OYT1T00134.htmより抜粋

 

このニュースを受けて、損害保険会社には「どんな商品があるのか」との問い合わせが急増しているそうです。

確かに、自分が事故を起こして相手の方を傷つけてしまう可能性はゼロだと断定はできません。だからこのような保険が増え、皆様の意識・関心も高まってくるのはいいことだと思います。

ですが、関心が高まると同時に、事故を起こさないように安全運転を心がけることも大事じゃないかなと思います。

身近な乗り物だからこそ、交通マナーを守って、自転車を利用していきたいですね。