元気老後 生命保険

皆さんこんにちは。生保チームの松本です。

今日は、前回にひきつづきお金にまつわるお話をお伝えいたします。

老後破産という言葉お聞きになったことありませんか?
実は現在、社会問題化しつつあります。You Tubeなどでも見ることができますよ。
もう他人事ではなく、長寿国だと喜んでばかりいれません。

皆さんが、60歳の時に同窓会の幹事をしたとします。
同窓生が仮に男性100人女性100人いたとしたら招待のハガキを送れる人、つまり生存している方って、男性だと何人位だと思いますか?

『60人位ですか?』

実は男性が約91人、女性が約95人なんです。日本人は長生きですよねー。
ここが問題なんです。

長生きしても国の年金や会社の退職金がどこまであてになるのか分からないだけでなく、元気で働けるうちはよいのですが、介護になったり医療費が思いのほか掛かったりしているのが現状です。
貯めたものを取り崩す生活。とても不安です。
アーリーリタイアとかセミリタイアをして悠々自適に老後を過ごす、なんていう考え方がずいぶん広がっていましたけど、実際はそうではない方が増えているようです。

皆さんは、そんなことをお考えになったことはありますか?
老後の時間を豊かに過ごすというのは憧れますよね。『憧れますけどね・・・。難しいですよね。』そんな声が聞こえてきます。
実際に老後の時間という観点で面白い数字があります。

例えば男性の場合60歳時点で『平均的にあと何年生きられるか?』という年数は22.7年なんですね。
このうち睡眠時間とか食事の時間を除いた余暇時間は約11.6万時間あるんです。
ちなみに20歳~60歳まで1日10時間働いたとすると、40年の労働時間は約10万時間なんですよ。

いかがですか?
老後の余暇時間は働いていた時間より長いんですね。毎日どのように過ごしますか?
それと、この2つの時間には大きな違いがあるんです。何だかお分かりになりますか?

働いている時の約10万時間はお金を生み出す時間、老後の約11.6万時間はお金を使う時間、という違いですね。老後は毎日が休日になります。お金がないとつらいですよね。

皆さんは何か老後のための準備はされていますか?
元気老後対策、元気でない老後対策、今からでもお考えになってみてください。
ありがとうございました。また来週まで。。。

(生保チーム 松本)