海外旅行保険に関する質問その3-食中毒について-

こんにちは。パーソナル営業部の寺澤です。いつも保険ガリレオブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回も海外旅行保険に関するよくある質問について書かせていただきます。

食中毒になった場合の補償

今回のテーマは「食中毒になった場合の補償」についてです。この間、テレビで海外滞在中に生牡蠣を食べてとんでもない被害にあった事例を観ました。その方は食べた翌日に食中毒だと思われる症状が発生して病院で診てもらいました。食中毒にはウイルス性食中毒と細菌性食中毒がありますが、海外の食べ物は日本に比べて細菌性食中毒の危険性が高いと言われております。

では、食中毒になった場合の補償はどうなるのか。結論を申し上げますと、海外旅行保険の補償対象となります。上記にも記載のとおり、海外の食べ物は日本に比べて細菌性食中毒のリスクが高いため、ニーズに応えるべく細菌性食中毒も補償対象となった経緯があります。

皆さまも海外旅行に行く際にその国のご当地グルメを食べるのが目的の一つという方もいらっしゃるかと思います。私はセブ島で宿泊先のレストランで水道水ではないと思って置いてあった冷水を飲んだ後、その日にお腹を下しました。それが水道水だったと思うと注意が欠けていました。せっかく、海外に行かれるのですから安全で快適にお過ごしいただければと思います。
今回もご愛読頂きましてありがとうございました。次回もお楽しみに!

詳しくはこちらの海外旅行保険の専用ページをご覧ください。

 海外旅行保険に関するお問い合わせやご質問をお待ちしております。

海外旅行保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・海外旅行保険の資料が欲しい
・どの海外旅行保険がいいのか
・どんな事故が補償対象なのか確認したい
・保険料はどれくらいなのか
・海外旅行保険に加入したい