マンション共用部分の老朽化対策は様々な問題の予防になる

 マンションの管理の中では多くの事を管理しなくてはいけませんが、それぞれの戸室や周辺環境も管理しなくてはいけませんが、それ以外にも共用部設備の老朽化にもしっかり管理しなくてはいけません。

 共用部はマンション利用者多くの人が使いますのでしっかり設備を整えなくていけなかったり、生活に支障になり兼ねない影響をもたらしたり、二次災害にも影響が出てしまう可能性にもなりますので、しっかり状況を把握や管理して処置することが大切なのです。

 なので老朽化の原因や処置による改善などを紹介していきます。

1.共用部の設備の老朽化とは
 ➀給水管や配水管の設備管理です。これらの設備の長い年月での使用と管理を怠ってしまうことで管が老朽化してしまうのです。

 老朽化してしまうと、劣化しているところから水が漏れてしまったり、最悪の場合水がマンション内それぞれの部屋に配水されなくなり、家庭では水が使えなくなってしまい、トイレやお風呂や食事など多くの生活に支障がでてしまうのです。

 また、水漏れによって場所が悪いと給水管の周辺にカビが発生してしまったりもしてしますのです。

 ➁電気設備でも電気配線などしっかり点検しないことによって、老朽化などしてしまい漏電してなど引き起こしてしまいます。漏電もそのままにしてしまうとそこから火災などの原因にもなりかねないのです。そうしては原因は小さくても大きな影響に変わってしまうのです。

 ➂共用部のタイルや取れかかっている物の補修が厳かにしていることで、湿度や温度などあらゆる環境や状態によって老朽化してしまうのです。そうなると、見た目も悪くなりますし、住人などが設備への信頼感も無くなってしまいます。

2.老朽化による二次災害を起こす可能性
 地震や火災の際に被害にあった時にしっかり設備を管理できていないことで、二次災害を起こしてしまうのです。

 耐用年数が経ってしまった消化器や火災報知機などは効果を発揮しませんので、消せる火も消せずに大きな火災に発展したり、地震では被害が無くても影響によってタイルなど管理できていなかったものが落下して住人に直撃したり、管理体制の不十分さでの二次災害にもなりかねないのです。

 二次災害を起こす前に、建て替えているマンションは年々多くなっております。

出典:国土交通省HP マンション建て替え実施状況 より

3.共用部の劣化を知る方法とは
 そんな共用部の劣化はどのようにして知ることができるのかは知識がない人では到底難しいです。

 また部屋と違い共用部はとても範囲が広いためとても大変になります。そうした時には劣化診断をお願いすることで細かいところまで劣化を判断してくれて判断をしてくれます。なので知識が無くても、正確な劣化情報を知ることができ、正しい処置をすることができるのです。

4.まとめ
 このようにマンションには目に見えるものや部屋などの管理だけでなく共有設備もしっかり管理することはとても重要なのです。管理することによって老朽化からの様々な影響や災害の二次災害なども防ぐことができるのです。

 またしっかり知識ある人に見てもらうことは自身ではできない分からないことを補ってくれてマンションにとってもそこに住んでいる住人にとっても大切なこととなるのです。

 最後に老朽化対策と同様に、マンションの保険を見直すことで保険料を抑えることができます。マンション保険を一度見なしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらで説明していますので、
是非ご覧ください。

マンション保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・マンション保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・見直したい

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。