火災保険の原因調査費用は意外と高額になります!

以前「築後20年や30年を経たマンションでは漏水事故が頻発しています。」
と書きましたが、マンションに限らず戸建住宅でも店舗でも漏水事故は多く、件数、金額とも保険金支払事故の原因の第3位です。

しかし、漏水事故が起きたら必ず保険金の支払い対象になるかというと、そうとは限りません。お支払いできるか否かは漏水事故の原因によるということです。

では、例えば天井から水が漏れてきた場合はどのようにして原因を特定するのでしょうか?

マンションでしたら管理組合に相談して上階の区分所有部分や共用部分を調べます。もし、例えば上階の居住者が浴槽の水を溢れさせたことが原因と判明したら、その居住者に賠償の責任が発生します。

上階や共用部分に責任が無かった場合は専門の修理業者に依頼して天井裏を調査することになりますが、状況によっては天井板を剥がしたりしますので修復費用も高額になります。このような場合、火災保険に付帯される「原因調査費用」でお支払いできます。

但し、この費用保険は火災保険に自動付帯されている場合とオプションで付帯できる場合とそもそも「原因調査費用」がない保険会社があります。また、保険会社によって支払限度額が異なりますので既存の補償内容は事前に確認しておきましょう。

マンション管理組合で加入している火災保険では調査の結果、配水管の老朽化が原因だったので「水漏れ」による損害に対しては保険金をお支払いできない、といった場合でも「原因調査費用」はお支払いできます。

しかし、マンション管理組合以外の火災保険では、「水漏れ」による損害に対する保険金のお支払い対象外の場合は「原因調査費用」も支払対象外となります。

詳しくはこちらのマンション保険の専用ページをご覧ください。
マンション保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・マンション保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・見直したい