仮想通貨 最も期待されている分野とは?

 

「仮想通貨」がいま最も期待されている分野とは

 それは「送金」です。

 国内・国外問わず、お金を送ろうとすると金融機関を経由しますので、それなりの手数料がかかります。
 
 金融機関の側も、送金にはそれなりのコストがかかるからです。

 そこで仮想通貨を利用すると、ほとんどコストがかからずに送金できます。

 ビットコインであれば、24時間、世界中のどこに送金しても手数料はほぼ無料といっていい金額です。

 この、コストがほとんどかからない送金のシステムは、金融機関でも積極的に研究・開発されています。

 横浜銀行や住信SBIネット銀行が開発中のシステムは、仮想通貨上位の「リップル」のシステムを日本向けにカスタマイズしたものです。

 このシステムを導入すれば、金融機関側のコストは10分の1から20分の1に下がるかもしれないとまで言われております。

 こうすることにより、安い手数料で、24時間365日、国内外への送金が可能になると言われております。

 ビットコイン=悪、仮想通貨=危険、ブロックチェ-ン=問題のある技術というイメ-ジはいまだにありますが、ブロックチェ-ン技術は不動産取引や音楽のコンテンツ取引など、金融以外の取引やビジネスに応用する動きも始まっており、期待されています。

 なぜ、期待されているかのか?というとビットコインはブロックチェ-ン自体が管理する仕組みですから、日本円に対する日銀のような管理者を必要としないからです。

 拒絶反応を出す前にまず私達がが仕組みをきちんと理解をしていく必要性があります。

 今後もいまさら聞けない「フィンテック」について投稿させていただきます。

 我々は、情報が漏洩した事後の対策としてサイバー保険をご紹介しています。是非、事前の対策だけではなく事後の対策も行いましょう。どの企業にも起こりうることです。

サイバー攻撃に対する必要な備えは大きく2つ
1.サイバー攻撃を受けないための対策
2.サイバー攻撃を受けた後の対策

詳しくはこちらのサイバー保険の専用ページをご覧ください。
サイバー保険をご検討中の方へ
「安心」で「快適」な「未来」をお客様とともに創造します!
・サイバー保険が気になっている
・保険料はどのくらいなのか
・サイバー保険でどこまで補償できるのか

上記に関することでご相談・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。